アロー在籍確認

アロー在籍確認ある?職場連絡なしローン即日融資可能なのは?

お金を貸してくれる業者としては、銀行と消費者金融があります。

 

安定してお金を借りたいのであれば銀行を選ぶのが無難ですが、信用力が低かったり、

 

すぐにお金を借りたいといった場合には消費者金融の方が有利です。

 

消費者金融は貸金業者のうち個人向けの小口融資を行っている業態を指す言葉になります。

 

同じ貸金業者として個人向けの小口融資を行っているものとしてはクレジットカードのキャッシングサービスがありますが、

 

消費者金融の場合には審査がはやくすぐにでもお金を借りることができるといった違いがあります。

 

なお、銀行のメリットとしては管理が行き届いているという点と低金利という点です。

 

また銀行のローン商品を問題なく利用し続けることで信用力を高めることができ、

 

そのほかのローン商品を利用するさいにプラスに作用するといったものがあります。

 

消費者金融にしても銀行にしてもローン商品を利用するさいには必ず貸し出し審査を受ける必要があります。

 

そもそも消費者金融のビジネスモデルとしては、あらかじめ返済能力に関する審査を行っておき、

 

その返済能力に応じて融資枠が設定され、その融資枠内であれば自由に借入れが可能であるということです。

 

このため審査に通ればあとは融資枠内に余裕があればそれだけのお金を必要な時に必要なだけ用立てることが可能になります。

 

同じ性質のローン商品としては銀行のカードローンやクレジットカードのキャッシングサービスがありますが、

 

いずれの場合にも消費者金融を利用するよりも高い信用力が必要になります。

 

 

一方で消費者金融のデメリットとしては金利が高いということで、上限金利は18%となっています。

 

はじめて利用する場合には上限金利18%での融資が一般的ですし、

 

また借り入れ限度額も簡易審査であれば50万円までとなっています。

 

この理由としては50万円を超えると所得証明書の提出が義務付けられているためです。

 

また総量規制の対象でもあり原則、年収の3分の1までしか融資を受けることができません。

 

このため消費者金融を利用する場合には急ぎでお金を用意する必要があり、かつ短期間での返済を前提としたものになります。

 

一方で消費者金融といえば貸金業法の規制強化もあって多くの業者が銀行の傘下に入ったり、

 

統合したり廃業したりしておりその数を減らしていますが、新規参入も行われています。

 

そのひとつが愛知県名古屋市を地盤とするアローです。

 

アローはもともとは岐阜県岐阜市で平成12年に不動産会社として設立された会社ですが、

 

平成22年から貸金業登録を行って個人向けの小口融資を行う消費者金融となっています。

 

アローは地方の消費者金融であるため大手消費者金融ほど利便性はありませんが、そのぶん大手にはないメリットがあります。

 

ローン商品は、フリープランのみで、最短45分で審査終了することができます。

 

内容としては、200万円までの融資限度額が設定できるもので貸付金利が15%から19.94%となっています。

 

もちろん担保や保証人は不要です。金利は他の消費者金融に比べると高めですが審査そのものがゆるやかであるため、誰でも利用することができます。

 

また他の消費者金融同様にアロー在籍確認もあります。

 

在籍確認そのものは電話を職場に掛けて、在籍しているかどうかを確認するものです。

 

このさいに消費者金融からの電話とはわからないように配慮してくれますが、

 

電話を掛けられるのが嫌な場合や、そもそも電話がない職場といった場合には、

 

所得証明書などで省略することも可能です。

 

ただ在籍確認はお金を貸し付ける側にとっては返済してくれる可能性を担保してくれるものであるため、

 

アローからの電話による在籍確認が出来るような環境の方が、審査にも通りやすい傾向にあります。