学生がプロミスでお金借りる

学生がプロミスでお金を借りる時に必要な書類

学生がプロミスでお金を借りるときには、学生証を提示しなくてはいけません。

 

基本的に必要になる書類はそれだけです。

 

プロミスのような消費者金融は、融資の審査に関して銀行のような厳しい審査を消費者に対して要求しているわけではありません。

 

必要最小限の条件さえ整っていれば学生どころかフリーターであってもお金を借りることが出来ます。

 

では、学生でお金を借りるときには収入証明書も不要なのでしょうか。厳密に言えば不要です。

 

ただし、収入に関して別途きちんと審査をしなくてはいけないためその点に関しては忘れてはいけません。

 

プロミスでの収入の審査では、在籍確認という審査方法が採用されています。

 

在籍確認と言うのは、学生の働いているアルバイト先にプロミスから電話の確認を入れることを言います。

 

アルバイト先に電話の確認をいれ、本当にそのバイト先で働いていることがわかったときにはお金を貸してくれるようになるのです。

 

そのため、プロミスでは収入の証明書は不要ですがきちんとした口頭の審査が必要になることを忘れてはいけません。

 

学生が必要になるのは、学生証とそれ以外にもう一つ自身の身分を証明できる免許証などであるためしっかりと準備しておきましょう。

 

→ プロミスキャッシング詳細

 

プロミス金利 給料日前や審査返済のあまりお金がないときに便利

お金を借りて返す時には利息も支払うことが必要です。

 

金融機関でもプロミスなどの消費者金融でも、必要になる利息分は年間の利率で表示されることが多くなっています。

 

借りたお金に利率と借りる期間を掛けることで実際に返済する金額がわかりますが、借りたお金、つまり元本は返済すると減っていきます。

 

返済の途中で支払い計画を見直す時には最初に借りた金額ではなく、借入残高で計算することになります。

 

これを実質年利といいます。借りたお金は返すのが当たり目ですが、金額が多くなるに従って計画通りに返済するのが難しくなります。

 

返済が滞ると個人情報が傷ついてクレジットカードやローンなどにも悪い影響を与えます。

 

実質年利を使って自分で計算し、返済計画をたてて借りるのは当然ですが、

 

分からないことはプロミスなどの専門スタッフに質問する必要があります。

 

あやふやなままに借り入れを増やしていくのは危険なことです。

 

万が一病気や失業などで計画通りに返済できない事態が生じた時には、すぐに借入先に相談した方がいいでしょう。

 

無理なまま押し通すとさらに悪化させることにもなります。

 

自分だけではなく家族に迷惑をかける事にもなりますので、早めの対処が肝心です。